福山市にある星の雫がサウナ・岩盤浴との違いをご紹介いたします。

星の雫
  • 東福山駅より徒歩5分
  • TEL:084-940-5162

    【営業時間】9:15~26:00※最終受付24:00

サウナ・岩盤浴との違い

岩盤浴との違い

岩盤浴の場合

岩盤浴の場合

岩盤浴では床に敷き詰めた平らな石の上で横になり、温められた石から発生する遠赤外線によって体を温める温浴法です。本格的な発汗までに約40分程度掛かります。

当サロンの『温熱浴』の場合

当サロンの『温熱浴』の場合

当サロンでは玉砂利型の鉱石を使用しており、体とのあたりがよく、効率良く温熱効果を発揮します。体を埋めたり玉砂利を乗せて使用することもでき、リンパなどに当ててそこを効果的に温めることができるメリットもあります。

サウナとの違い

サウナの場合

サウナの場合

サウナでは、まず皮膚の温度が急激に上がり、皮膚表面温度は上がっても、体の深部まではなかなか温まりせん。
(一般的な乾式サウナの場合:温度80~100℃、湿度10%程度)

発汗が目的であるため、一気に大粒の汗をかきますが、息苦しさがあり、疲れやすいため、健康的な人に向いています。

当サロンの『温熱浴』の場合

当サロンの『温熱浴』の場合

当サロンの『温熱浴』では皮膚だけではなく、体の深部もほぼ同時に温まり、体全体が均一に温熱効果があります。
(当サロンの温熱浴:温度45℃、湿度90%)

体が芯から温まることにより、たくさんの汗をかきますが、体のミネラル分などは喪失されにくく、水に近いサラサラとした汗をかきます。
疲労感も残りにくいので一般的なサウナの苦手な方や、年配者などにも安心して入浴していただくことが出来ます。

衛生管理について

衛生管理について

以前、岩盤浴施設ではその温度・湿度が菌の繁殖に好都合の為、大量に発生してしまい、問題となってしまったことがあります。
当サロンではお客様に気持ち良くご利用いただけるよう、衛生管理の徹底に努めております。汚れが下に落ちる構造に考えている温熱ルームでは、殺菌効果の高い特別な酸性水を使用し、石層の下側まで届くよう丹念に清掃しております。

ページトップへ戻る